ヒューロム スロージューサー 豆乳

スロージューサーで簡単豆乳レシピ

HOME|簡単豆乳レシピ

ヒューロムのスロージューサーで豆乳を搾る

豆乳といえば、大豆を原料とした飲み物で、昔から美容や健康に良いと愛飲してる人も多いですね。特に、大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと成分が似ているので、女性特有の悩みに効果的です。

豆乳は、いろいろな風味のおいしいものが市販されていて、なかなか自分で作ろうと思わないけど、作り方に興味を持ったことはあるのではないでしょうか。
ヒューロムのスロージューサーでは、なんと簡単に豆乳も搾ることができるのです。

作り方
1.大豆300gを洗って一晩(12時間程)水に浸しておきます。
2.ジュースキャップを閉じ、レバーをcloseにします。
3.水に浸した大豆と、つけておいた水を1:1の割合で混ぜ、少しずつ入れながら搾ります。
4.搾り出した液体を鍋に入れ、中火でかき混ぜながら煮込みます。
5.沸騰したら火を止めてから弱火で6〜8分ほど加熱し、ガーゼで絞ります。

このしぼったあとの液体が豆乳となります。ガーゼに残ったものはおからです。
豆乳を鍋に入れて火にかけ、にがりを入れて混ぜながら加熱し、型に入れて固めると豆腐ができます。

大豆を搾るときに、大豆と交互に野菜を入れれば、豆乳と野菜汁が混ざり、カラフルな野菜豆腐にもなります。

ヒューロムには、専用の豆腐の型もあるので、スロージューサーを購入したら、ぜひ一度は挑戦してみたいですね!
豆乳やおからを使用してレシピの幅もぐっと広がりますし、豆乳を好みの風味にアレンジしておいしく健康になれますね。

酵母ドリンク

豆乳に酒粕と果物の汁を混ぜると酵母ドリンクができます。
酵母は、発酵することで酵素を発生させる微生物の一種で、酵素よりも熱や酸に強く、ビタミンやミネラルが豊富です。
デトックス効果があり、美容やダイエットに効果的です。

おからハンバーグ

豆乳を搾ったあとにできるおからもヘルシーで健康的な食材ですね。
ハンバーグを作るときに、ひき肉の量を半分にして、その代わりにおからを加えます。さらに、人参などをスロージューサーでジュースにしたあとの搾りかすを加えると、ヘルシーで経済的で無駄なく使えます。
野菜を細かく刻む手間も省けるので、一石三鳥でおすすめです!

おからでヘルシーなおやつ

おからというと和風のおかずのイメージですが、小麦粉のかわりにおからを使うと、カロリーを抑えられてとてもヘルシーなおやつになります。
揚げることでカロリーが高くなりがちなドーナツも、おからを使えば低カロリーでおいしくできます。
レンジで簡単にできるおからケーキも人気です。

スロージューサーランキング

日本での販売歴と信頼の高さ
ヒューロムジューサー
ヒューロムジューサー
ヒューロムジューサー
通いやすさが一番
クビンズ JSG-121
クビンズ
クビンズ
日本のスロージューサーなら
シャープ ヘルシオ
パナソニック
シャープ
スロージューサーとは?
スロージューサーで酵素が取れる?
スロージュースの効果
ジュースの作り置きってあり?
スロージューサーでダイエット
スロージューサーおすすめの口コミ
スロージューサーの掃除
スロージューサーの比較
ヒューロム vs クビンズの比較
ヒューロム vs パナソニックの比較
ヒューロム vs シャープの比較
クビンス vs パナソニックの比較
クビンス vs シャープの比較
シャープ vs パナソニックの比較
スロージュースレシピ
スロージュースレシピ
スロージューサーで豆乳作り
スロージューサー絞りかすレシピ

プロフィール

美肌食マイスターのNatsuです。十二指腸がんで亡くなった父を持ち、胃腸が弱く、毎年肝臓検査に引っかかる肉食大好きマナティー夫の健康と、美肌を目指し日々勉強中!私がおすすめするスロージューサーと、酵素や栄養素たっぷりのスロージュース・コールドプレスジュースをここでお伝えできればと思います。

ジュースレシピや全国のジュースバー巡りも実施中❤

スロージューサーライフで一緒に美肌と健康を目指しましょう♪