スロージューサーで酵素を摂る!

スロージューサーで酵素摂取

HOME|スロージューサーで酵素を摂る!

スロージューサーでこんなに酵素が摂れる!

「酵素」には、「食物酵素」と「潜在酵素」があり、「食物酵素」は食べ物自体に含まれていて、熱を加えていない食品や発酵食品に多く含まれます。

「潜在酵素」はもともと体内に存在するもので、さらにそのなかには消化と吸収を促し、体のさまざまな細胞を作るはたらきがある「消化酵素」と、新陳代謝を促し、デトックスや免疫力の向上など健康を保つための重要な「代謝酵素」があります。
しかし、人間が元々もっている体内にある酵素には限りがあり、どんどん消費していくと代謝が悪くなったり老化が進みやすくなってしまいます。

加齢や食生活などによってもどんどん減っていく酵素を、外部から酵素を取り入れることによって、体内の酵素を減らすことなく、消化・吸収・代謝が良くなり痩せやすい体になったり、免疫力がUPすることで健康で若々しく長生きできるようになります。
このようにダイエットや健康、美肌やアンチエイジングに欠かせない酵素ですが、食品から充分に酵素を摂取するのは少し難しいのです。

なぜなら、酵素は熱に弱く加熱できないので、生野菜や果物などを大量に食べないといけないからです。

市販の野菜ジュースや酵素ジュースなども、熱処理をしているので生きた酵素はほとんど残っていません。 酵素が多く含まれる野菜はレタスやにんじん・大根・トマトなど、果物にはキウイ・りんご・バナナ・パイナップルなどがあります。

スロージューサーで作るジュースに酵素がたっぷり含まれる理由。

大量に生野菜を食べるのは大変ですよね。ジュースの方が酵素などの栄養を吸収する率が生野菜のなんと約4倍!も摂れるので、酵素をしっかり摂るには野菜や果物をジューサーでまるごとジュースにする方法が1番です!簡単に飲めるのもうれしいですよね。

しかし、一般的な高速のミキサーやステンレス製の刃がついたジューサーでは、大事な酵素・ミネラル・ビタミンなどの栄養素が破壊されてしまうのです。 その原因は大きく分けて2つあります。

まずひとつは、ミキサーなどで高速で回転すると、空気が混ぜ合わされて酸化してしまうことによります。そしてもうひとつは、高速で回転することで摩擦熱が起こり、その熱で熱に弱い酵素やミネラル・ビタミンなどの栄養素が破壊されてしまうためです。

人気のバイタミックスは細かく粉砕することで食物繊維は多く摂取しますが、残念ながら酵素を取るためのジュースづくりにはあまり向いていません。

その点、スロージューサーなら、回転数が少なく石臼のようにゆっくり擦りつぶすことで、熱で酵素やミネラル・ビタミンなどの重要な栄養素を壊してしまうこともなく酵素などの栄養をそのままダイレクトに体に吸収することができるんです!

スロージューサーで作ったスロージュースはとにかくおいしい!

スロージューサーで作ったスロージュースは、絞りかすがしっかり取り除かれるため、口当たりがサラサラでとっても飲みやすいのが特徴です。高速のミキサーなどでは野菜や果物の繊維やつぶつぶが残り、ザラザラ・ドロドロしていてのどごしがあまりよくありません。

例えば、りんごを擦りおろしたりミキサーにかけると酸化してすぐに茶色くなってしまいますが、スロージューサーで搾ったものは、酸化せずにきれいな色を保ちます。

にんじんなどの硬い素材は、高速のミキサーではなめらかなジュースにすることは難しいですが、スロージューサーは液体と搾りかすを分けてくれるので、舌に野菜や果物の線維が残らず、濃厚なのに口当たりがなめらか飲みやすいジュースができるんです。

にんじんが苦手な子供でも飲みやすく、砂糖を入れていないのにビックリするほど甘くておいしいんです! しかも、搾りかすはドレッシングやスープ、パンケーキやカレーなど、料理に取り入れて食物繊維もたっぷり摂ることができます。食材を無駄なく、カラダにも地球にもやさしいって素晴らしいことですよね。→(絞りかすで簡単おすすめレシピへ)

また、スロージューサーでじっくりと擦りつぶすように搾っていくと、野菜や果物をそのまま食べるより酵素が活性化すると言われています。

スロージューサーで酵素をより多く摂取するには!

スロージューサーでスロージュースを作ったら、

30分以内に飲みましょう!/空気に触れると酸化がはじまり、酸化すると酵素などの栄養素が壊れてしまいます。

噛むようにゆっくり飲みましょう!/唾液の酵素が消化を促し、体内に吸収されやすくなります。

果物だけじゃなく、野菜も一緒に!/果物ばかりでは糖分を多く摂ることになります。肥満や糖尿病の方は野菜を混ぜることで血糖値の上昇を防ぎます。

酵素ドリンクによるファスティング(=プチ断食)、ジュースクレンズなど、最近になって酵素は注目される存在でしたが、熱に弱い、栄養素を破壊するという点で考えると、同じジューサーでも低速スクリューで圧搾するスロージューサーを選ぶべき!ということがわかりますよね。

とはいえ、「手間や時間がかかるでしょ?」と、なかなか手を出しにくいという人も多いと思いますが、スロージューサーで野菜や果物で作るジュースなら素材を入れて搾るだけで、無添加の生きた酵素・ビタミン・ミネラルといった必要な栄養素をほぼ壊すことなく、効果的に体内に取り込めます。

市販のかわいい酵素ダイエットドリンクより自作ジュースを!

酵素ダイエットが流行ったことにより、たくさんのメーカーから手軽でかわいいパッケージの”酵素ドリンク”が出てますよね。

ですが、あの”酵素ドリンク”、実際は甘ったるくて酵素よりも砂糖の量が気になってしまいます。果糖ブドウ糖液やイソマルトオリゴ糖などの原材料としての質もわからないような糖分増粘剤や保存料、安息香酸ナトリウムやパラオキシ安息香酸プチルなどは入りません!!

しかも!市販の”酵素ドリンク”は偽物が多いのを知っていますか?酵素を摂ろう、痩せようという人が大量の砂糖が入ってる”酵素ドリンク”を飲んで痩せれるわけがありませんよね。

それって「市販のジュースと変わらなくない?」はい!その通りです。お値段だけは立派な可愛いぃ~パッケージの酵素ドリンクばかりなのです。

でも、スロージューサーで作るジュースなら!無農薬や有機野菜など材料も自分で選べて、新鮮な野菜と果物から作れるので体に必要な酵素と栄養素がそのままたっぷり摂れるんです!もちろん、糖分は自然の甘味だけで充分甘いんです。

一般のモデルやタレントさんは広告塔なので酵素ジュースをブログやインスタで紹介していますが、本当にスタイルが良いモデルやタレントさんは、サプリや酵素ドリンクに頼らず、原材料をしっかり調べたり、自分で材料を選んだり、自分に合った食生活と適度な運動をしていますよ。

スロージューサーで作ったスロージュース・コールドプレスジュースは、冷蔵でも冷凍でも保存ができるので、忙しい人や面倒な人(私(´ε`;)ゝ)にも便利でムリなく続けられます。→スロージュースの保存容器と保存方法のページへ

美肌と健康のために!美味しくて楽しいスロージュースライフ、一緒にはじめてみませんか?

スロージューサーランキング

日本での販売歴と信頼の高さ
ヒューロムジューサー
ヒューロムジューサー
ヒューロムジューサー
通いやすさが一番
クビンズ JSG-121
クビンズ
クビンズ
日本のスロージューサーなら
シャープ ヘルシオ
パナソニック
シャープ
スロージューサーとは?
スロージューサーで酵素が取れる?
スロージュースの効果
ジュースの作り置きってあり?
スロージューサーでダイエット
スロージューサーおすすめの口コミ
スロージューサーの掃除
スロージューサーの比較
ヒューロム vs クビンズの比較
ヒューロム vs パナソニックの比較
ヒューロム vs シャープの比較
クビンス vs パナソニックの比較
クビンス vs シャープの比較
シャープ vs パナソニックの比較
スロージュースレシピ
スロージュースレシピ
スロージューサーで豆乳作り
スロージューサー絞りかすレシピ

プロフィール

美肌食マイスターのNatsuです。十二指腸がんで亡くなった父を持ち、胃腸が弱く、毎年肝臓検査に引っかかる肉食大好きマナティー夫の健康と、美肌を目指し日々勉強中!私がおすすめするスロージューサーと、酵素や栄養素たっぷりのスロージュース・コールドプレスジュースをここでお伝えできればと思います。

ジュースレシピや全国のジュースバー巡りも実施中❤

スロージューサーライフで一緒に美肌と健康を目指しましょう♪